サマーでの出来事を思い出した

そうそう。

Cao_Cao_scth.jpg


そうそう、前にあの記事を書いたせいなのか、サマーの会場で
「ブログ、私も見てますよ」
「Tくんに薦められて見てます」
「一度のっぽさんと話してみたかったんです」
「おめぇがのっぽって野郎かポキポキ」
などなど、何人もの人からブログに関していじられた。
意外な反響にたじろぐのっぽ。

見てるって言われる度に直立不動で
「ご愛読ありがとうございます」
って目も合わせず言ってました。

アタシは典型的な筆弁慶。キーボード相手ならキーが返ってこなくなる程強く叩けるが、人相手だと叩かれなくても勝手にへこむ。喋る言葉もじっくり考えてから発する方なので、お笑い反射神経みたいな物は持ち合わせておりませんし。
なので生身のアタシへの過度な期待はおやめください。

しかし今回、「あの人も見てくれてるんだ、あ、この人もかぁ」って読者様を目の前にして、『ふなっしーはふなっしーのままでいなければいけないんだ』、と謎の決意を固めたのっぽ。
中の人と外の人のギャップを埋めるべく頑張ります。

本当ならご愛読者様に日頃の感謝を込めて3000円分のクオカードをお配りしたい所ですが、財布がそれを許さないので更新を頑張る事にします。いろんな人を晒してやろうと思います。

元々大人会アピールのために始めたブログ。今じゃアタシしか更新してませんがね。

いつの間にか開設した大人会twitterをフォローして頂くとブログの最新の更新状況がまざまざと知らされます。よろしければご利用ください。

まさかサマカ

遠くの方でセミが寂しげに鳴いている。
憂いを帯びた風が頬を撫ではじめ、季節に置いてけぼりにされたセミと僕は、ん?、何の話だ?

ああ、サマーカップアンダーBに出てまいりました。
のっぽです。


今回も大会前々日に塩塾長を召喚しての泥縄式練習。

最近ますます磨きのかかった塩理論の一端を伝授して頂きました。
バカだった力加減の調節法、特に押し引きの加減。そして秘伝の黄金の回転について。
今まであきらめていた場所からの出し。
『できるわけがないッ!!!』って4回言ったら割とあっさり教えてくれました。
そして塩塾長は自らのブレイクの威力に耐えられず膝を破壊、足を引きずって帰りました。

そんな塾長の何語りたいんだかわからない背中に何かを感じ、気合十分で臨んだ当日。
張り出されていたトーナメント表みていきなり萎むのっぽ。初戦の相手はメンバーの誠、ヤル気削げ削げ。
公式戦の初戦でメンバーと当たるなんて、まだ見ず知らずのAクラスと当たった方がマシだわ。
でも最近じゃ顔見知りも増えたので、全く知らない人ってのも難しくなってきたかな。
相手が誰であろうと関係なくブチ殺す。それが試合。

始まった誠との試合はBクラスらしいトバし合いの結果アタシが負け。単純にシュートが酷い。動きが堅くてキューが出てませんでした。ずっとおっかなびっくり撞いてた感じ。モヤっとした負け方。
「決勝でまたやりましょう」
との励ましだかなんだかわからないお言葉を頂きました。
まこっちゃんは最近上手くなったとの評判ですぞ。

ため息ついても仕方ないのでミントタブレット12個イッキ食いして気持ちをリセット、げふっ、こほっ。
敗者側一回戦目は負けちゃならんという集中力だけで勝った感じで、中身はよく憶えてません。キツイ試合では無かったはず。

そして敗者二回戦目。相手はデグ子、彫りの深さとは裏腹に堅実な球を撞く選手。
攻守のバランスと言うか判断が的確で、少しでもリスキーな配置になったら無理に攻めたりせずにセーフティに切り替える。決して臆病なのではなく、自分のリスクを相手のチャンスに変えてしまう様な愚行を犯さないだけ、これって凄く大事な事。
おかげでずっとセーフティの処理をやらされたままタコ負け。
試合上手だなと思いました。

自分の流れやペースがつかめないとホントにやりづらい。テンポが悪いというのも同じで、よくトバすCクラスとの試合よりよく入れるAクラスとの試合の方が楽に戦える(勝てるという意味では無い)。そしてこれは相手にも言える事で、良くトバすアタシを相手にしたAクラスがやりづらそうにしている事はままある。

ただわざとトバして相手のリズム崩しても、ポケットビリヤードの競技に真っ向から背いてしまうだけなので勝てはしない。
そこでセーフティー。キープできない流れをみすみす相手には渡さない、なまら大事。

バレーボールほどじゃないけどビリヤードも『流れ』ってあると思う。
タコ勝ちリーチからひっくり返される事もありますもんね。


今回のサマーは導流失敗。
試合が終わり、そのままサークル出たら
「(帰って)来んの早くね?(#゚Д゚)」
って塾長に怒られた。
そりゃそうです、忙しい中引っ張り出してレッスンしてもらったのに、手ぶらで帰ってきちゃ失礼というものです。



しかし、しかーし。
札幌の夏はまだ終わらない。
サマーがだめでもOTKがあるさ!

第16回OTKトーナメント

まだまだエントリーお待ちしております。
(この記事の本題)

ズレてるッ!ズレてるよッ!

車に乗り損ねて脇腹をドアの角に刺しました。超痛い、アバラ逝ったかも。

のっぽです。


タップのアール。
丸みの事ですが、これは好みがあるのでみなさま様々かと思います。
丸目が好きとか平ら目が好きとか。
以前タップの整形を頼まれた時に
「丸めてくれ、ただし角は落とすな」
と注文された事があります。
何でだったか忘れましたが効果、イメージ、人にはこだわりがあるものです。


で、ここではブレイクキューでの話。

一般的にはブレイクキューの場合平ら目が良いと見聞します。
理由は

その1・ブレイクの場合球の真ん中撞くので、平らな方が接触面積が増えてパワーが伝わるから。

その2・撞点がズレても接触面が球の芯からはずれにくいから。

理論的にはわかるがアタシはこれらにしっくりこない。


のっぽ理論

【理由1に関して】
接触面積が増えるとパワーが表面に分散してしまう気がする。
『気がする』って言ってる時点で理論でも何でもないけど。
単純に面積と圧力でしか考えてないので、衝撃力とかまじめに物理的に考えたら違うかも。
でも同じ速度で殴られるならビンタよりもゲンコツの方が頭に響くと思いません?球の中心にエネルギーを伝える貫通力というかそんな感じ。


【理由2に関して】
下図をご覧ください。
球側
fig.1 撞点がズレちまったの図

縦からでも横からでもいいですが、とにかく撞点がずれた場合。
ブレイクでここまでズレたらたぶん大変な事になるでしょうが、ここはわかりやすくするため派手にズレてます。

赤が平らタップ、青が丸タップ。
同じだけズレたら確かに平らな方が球の中心からははずれてません。


しかしですぞ、
キュー側
fig.2 キュー目線で考えるの図

キュー側で考えると、平らタップだとキューの芯からここまではずれてしまいます。
果たしてパワーは伝わるでしょうか。
手玉の芯をはずすよりロスしてる気がします。

前途の通りこの図はわかりやすくずらしてますが、通常起こり得る範囲のズレでも同じ事だと思います。タップについた跡と手に残る感触でわかるはず。平らなタップで憧点外した時のあの手ごたえの軽さ。


以上の観点からアタシの様にハードブレイクに命をかける身としてはタップは割と丸めを採用しているわけです。


とは言え何の裏付けもない理論、故に誰にも言った事無い話です。
言ったところで「のっぽの喋ってる事だから」でスルーされそうだし。
理由1に関してはともかく理由2はあながち間違ってないような気がするのですが。

物理詳しい人、検証してくれませぬか?

中の人などいない

好きな妖怪はがしゃどくろです。
近代生まれのモダンな妖怪です。
のっぽです。


ヴイナスのウィークリーに出てきました。
毎週火曜日20時から行われているアンダーBの熱戦。
試合は12名、3人リーグの1抜けが決勝トーナメント。
その熱い戦いに茶々を入れてやろうと。

実は前からヴイナスに通ってるウチのメンバー『エイト』に
「火曜日ヒマ?」
「来週火曜日空いてる?」
「待ってたのに」
しつこい勧誘熱心なお誘いを受けていたのです。この寂しがり屋め。

下手稲通りからヴイナスに向かったのですが、どうやら国道5号線に出るのが遅かったらしく気が付けば信号には『金山』の住所が……
ヤヴァイと引き返したが時間はギリギリ、行き過ぎもあるけど思ったより家から遠くて時間がかかってる。
こらあかんと店に電話しようと思ったらエイトから着信。
「のっぽさん今日ヒマ?」

……

のんきか!
前日にエントリーしとるッちゅうねん。
ヒマちゃうわ今焦っとるッちゅうねん。
国道を石原軍団のようにUターンして店に向いなんとかギリセーフ。

そんな一人バタバタから第一試合にぶち込まれ秒速でブチ殺され。
続けて第二試合でも秒速でブチ殺され。
瞬く間に終了。移動時間の方が長かったかも。
茶々を入れるどころか何の影響も与えなかった。焼きそばの青のり程度の存在。

第一試合目は息も整わぬうちって感じだったので、自分に甘いのっぽとしては仕方ないかなてへぺろなのですが、第二試合には通じぬ言い訳。
台に全く合わせられなかった。とにかくよく転がる。ラシャに毛羽立ちがなく、織目がはっきり見える。鏡のようなラシャ、ライク ア ミラー。

転がし過ぎて出しミスの一人セーフティー多発。
あと全然引けなかった。引けない原因なんて大概下を撞けてないだけなんだけど、なぜ下を撞けなかったのか解らぬ。

力加減がバカだなぁ、短クッションから縦に戻してくる球とか大概オーバーだもの。バタバタとかほぼ運任せ。要練習ですな。



試合とは関係ないのですが、同じリーグで当たったTさんに
「前から気になってて、聞きたかったんですが、のっぽさんって○○さん(アタシの本名)ですか?」
って聞かれました。

「え……ええ、まあ」なんて答えましたがこれが気恥ずかしいのなんの。
「夢と魔法の国へようこそー、ははっ!」
なんつって手を振ってお客さんにはしゃいで見せているネズミーランドの主の頭がぽろっとはずれた瞬間の空気ってこんな味かなって。

以前にも同じことは聞かれた事はありますし、
「のっぽさんてアンタでしょ?」
って謎が全て解けた名探偵張りに指さされたこともあります。
確かに大人会で体型が言い逃れ出来ないほどのっぽ。

ただ
「いつも読んでます」
とか
「面白いです」
って言ってくれるので嬉しいですが恥ずかしさにもブーストがかかります。

今回も
「全部読んでます、面白いです、文才ありますよね」
なんて言って貰ったもんだから、それから二度とTさんの顔見られなくなりました。
シャイなのっぽなのです。
シャイという概念を固めて固めて人の形にしたらアタシになったのです。

でも励みになりますわ。Tさんありがとう。正直うれしい。もっとちょうだい。
みなさんコメントお待ちしております。

等しい

じめじめしてますな。
タップがふやけてしまう。

のっぽです。


ウチのメンバーの桃六にタップ交換を頼まれました。
桃六は元々スヌーカープレーヤー。
ポケットを撞く現在もキューはスヌーカーキュー。

スヌーカーキューは
・ポケットキューに比べ少し短い
・先が細い(9mm前後)
・材質は大体アッシュ
・先角(フェローと呼ぶ)が真鍮製で短い
・ワンピースまたは、シャフト3:バット1くらいで分割される(スリークウォーター)
などの違いがあります。

今回、斬のプレミアムソフトというタップに交換を頼まれたのですが(桃六は「ソフトクリームみたい、ローソンに売ってそう」って言ってた)、画像をご覧ください。


DSC01601 (1)

先角の長さとタップの厚さが同じwww
プレミアムソフトは厚めのタップですが……

OBクラシックなんかも先角短いですが、こんな風になるのかな。
先角の長さって何に影響するんだろ。
☆プロフィール☆

Billiard Circle 大人会

大人会

Author:大人会
大人会公式日記へようこそ。
ここはビリヤードサークル大人会の会長のっぽが、活動や雑感、日々のあれこれを発信する場です。

☆最新記事..._φ(゚ロ゚ )☆
☆最新つっこみ\(゚ロ゚ )☆
☆記事カテゴリ☆
☆大人会窓口メールフォーム☆

大人会にご用の方はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

☆カレンダー☆
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
☆月別アーカイブ☆
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
☆見た人の数☆
☆大人会のつぶやき☆
☆リンクいただきました☆
相互リンク希望。仲良くしましょう。メールフォームよりご一報を。
バナー

大人っぽいバナーです


バナー

北海道限定Newたまビリ
北海道の試合情報はここで


バナー

プールサロン ヴイナス
矢後Pのお店 ウィークリー熱し

ブログは こちらから


バナー

ヘキサポット
北大系ビリヤードサークル


バナー

Team ZION
室蘭を拠点に活動するビリヤードサークル


バナー

Flukers
岩見沢を拠点に活動するビリヤードサークル


バナー

K'sリンク
札幌でビリヤード用品を買うならココ


ビリヤード・ウォーカー ビリヲカ

ビリヤードウォーカー
ビリヤード総合情報サイト


バナー

ワッペン屋
ワッペンを制作して貰いました

完成サンプルです

バナー

内垣健一オフィシャルサイト
内垣健一プロのサイト
お世話になっております


バナー

ビリラボ
メンバー誠のサイト
誠考案の初心者へのヒント満載


☆RSSリンク☆
メンバー記事管理