なつのさかづき

一年に一度、BC級が気温より熱くなる大会。
サマーカップアンダーBです。

今年は46名の参加。

そこで事件快挙が。
うちのメンバー「エイト」……っていうかザキさんが準優勝を飾りました。

同じくサマーカップに出ていたはずのアタシはなぜか家でYOUTUBELiveでの中継をボーっと見ていました。
LINEで入る本人からの報告。

「ベスト8v(・∀・*)イエイ

ほう

「準決勝進出v(・∀・*)イエイ

こりゃあヤバい。
準決勝の中継を見ているとザキさん渾身のガッツポーズ。
あばばば

とっくにシャワー浴びてまったりモードだったのに。
何てことしてくれるのだろうか。
イッテQだってまだ見終わっていないのに。

取りあえずその辺にあった服着てキャノンに急行。

小山選手1ラック先取したところに到着。
まだ殺されてなかったかと安堵。

お互いに決勝の舞台の重圧からかノレない感じ。
座ってるザキさん見ると腕固めかけている永田裕志のような表情に。

ただここ最近のザキさんは確かに入れていた。
普段の大人会活動でもそう。OTKだって予選だったが、優勝者の大原選手から金星を奪った。
年明けくらいまで自慢しそうなくらいの金星だった。
たぶんうちの会でザキさんが一番真面目に練習しているであろう。
ヴイナスのハウスも毎週出ているし。

言動は天然な欲しがり屋さんでちょっとアレだが、球には真摯な姿勢を見せる。
大会運営もはたらき屋さんだ。たぶん根はまじめなのだろう。


やってくれそうな予感がする。


先にリーチをかけたザキさん、回ってきた⑨のカットを惜しくも穴前に残してしまう。
ギリギリの力加減だった。
確かに周りから見ていると、しっかり撞けだとか、スクラッチは回避できるコースだとか意見は出るだろうが、今撞いているのはザキさんで、その景色は決勝の舞台にいる彼にしか見えていない。
外野には感じられない世界に彼はいるのだ。
確かに⑨は外した。そのショットは正解ではなかったのかも知れないが、その世界にいて、その景色を見ている事がなんだかうらやましく感じられた。

ヒルヒルまでもつれ込んだ最終ラックは特にトラブルもなく、小山選手の安定感が発揮されあっさりと終わった。

ザキさんは爽やかに挨拶していたがやっぱり悔しそうな表情は隠せず。
トーナメントって勝者は一人なんだなって改めて感じた。

しかしやりきった表情のザキさん、栄えある準優勝。
B1昇格とアダムのブレイクキューのおまけ付き。
練習は嘘つかない。
おめでとうザキさん。
IMG_1704.jpg

そんな彼から準優勝のコメント。

「左から右に変えてマジよかった

そう、彼はレフティーだった。
まだ大人会がVSで活動していたころ、アタシより後から加入してきたザキさんは左でプレイしていた。
シャキンシャキンとしたストロークの彼を見て、当時C級のアタシはB級ともなるとあんなにキレキレの動きになるのかと感心していた。
でも誰にだったか忘れたけど「あれはマネするなよ」と言われた。
上手い人には少し無理があるように見えていたのかもしれない。

ペンだの箸だの他の事は右で行うザキさんになぜ球だけ左なのか聞くと
「始めたころ上手くいかなくて、たまたま左でやってみたら上手くいったからそれから左」
との野性的な答え。

それから幾年、矢後Pはザキさんの左でのプレイの限界を見定め、右への転向をアドバイスした。
もともと右利きとは言え、何年も続けていたものを逆の手にすれといわれて簡単にできるものではないし、はいわかりましたとも言いづらい。
しかし、その方が伸びると見越していた矢後Pの慧眼とザキさんの素直さ、努力の結果がここに現れた。

なんだか感動的だ。





でもアイツにハンデ貰うのはなんだか癪に障る。
でも負け負けでおめおめと帰ったアタシは素直に彼の実力を認めよう。

道民の誉れ

平口結貴プロおめでとうございます!

すっげぇなおい。

女流球聖位を制し女子アマ界日本一になり、
去年プロ入りデビュー戦の関東レディースオープンでいきなり優勝。
そして2年目にしてこの大舞台での優勝。しかも最年少優勝だそうです。
すっごいねー。

ビリヤード界に名が轟きましたな。
トッププロと言っても文句はないでしょう。

トッププロ相手にちゃんづけなんて恐れ多いかと存じますが、でも結貴ちゃんと呼びたいのはこんなところから


お願いしてるし。

その後、
「おっ!おっ!」
なんて声の出ていたギャラリーの方を見て
『よかったー!心配かけてごめんなさい』的な表情。

最後のショット決めた後も自分にガッツポーズじゃなくて、ギャラリーに向かってバンザイ。
そりゃ応援したくなるでしょ。

でもプロ入りからこの1年ですっごい色々学んだのだろうなと思います。
プロとして、社会人として。表情にちょっと大人びたものを感じるのはアタシだけでしょうか。

ともかくおめでとうございます。
これからも道民プレイヤーとして応援いたします。


そして我らがコデもGP3ポイント現在7位。
圏内ですよ見えてますよ!頑張れ!

新球

暑くなってまいりました。

のっぽです。


我らがホーム、自遊空間菊水環状通店に新しいボールが入荷しました。
そんなことよりそろそろラシャを

IMG_1613.jpg
サイクロップのニューセット
サイクロップはパーマンのコピーロボットの頭のような手球。
初期のサイクロップはこれ大丈夫か?ってくらいヨレヨレと動いてましたからね、丸くないのか重心がズレてるのか。
たぶん改善がなされたんだと思います。
的球も字のところ割れたりしてましたからね。今度は大丈夫?




IMG_16122.jpg
今話題のデュラミス!
デュラミステクノロジーなる謎の技術が用いられているそうな。
「テクノロジー」って言葉に弱いアタシはそれだけで満足。
撞いた感じはアラミスとあんまり変わらない。
摩耗していない分重いのかな?

なにより6つの赤いドットの見慣れた感が安心。
手玉が黄ばんでいるのは摩耗していない証拠。
コーティングが削れていくと白くなっていくそうな。
減ってないので実にラックが組みやすい。

JAPAではデュラミスが公式球となるそうです。
この前たまビリで球問題に関して質問していた人がいたけど、確かに統一してほしいなーという気持ちがします。
確かに色々なコンディションに合わせることがビリヤードの一つの技術だとは思いますが、アマチュアとしては試合中にそんな暇ねぇというのが本音で。


新しい球が作られる。

メーカーは宣伝のためにどこかの団体をスポンサードする。

ある団体、大会の公式球となる。

出場者はその球で練習したい。

球屋はその声に答えざるを得ない。

球屋に新ボール入荷。

球メーカー、シェアを奪い返したい。

最初に戻る。


こうして新しい球ばっか増えて振り回されるわけです。

「慣れればいいじゃん、あわせろよ」

とかいう人はWBCの公式球に関しても日本のプロに同じこと言って欲しい。

Cafe Pina オープンです!

突然ですがオープンです。
pina004.jpg

何がってアナタ、うちのメンバーほかりんのカフェですよ。




地下鉄東西線 西18丁目駅の程近く。
東向きの打放しコンクリートのビルに”Cafe Pina”がオープンしました。
我らがメンバーほかりんが副店長を務めるこのカフェ。


南向きの大きめな採光窓から照らされた店内は明るくやわらかな雰囲気。
pina002.jpg

pina006.jpg


吹き抜け階段から上にあがると
pina009.jpg

こちらも明るい二階席。



pina008.jpg

引きたての豆はネルのハンドドリップで丁寧に抽出され、厚めのカップでサーブされます。
深いコクと、切れの良いスッキリとした苦味。コーヒー好きも納得、琥珀色の美味しい満足。

pina007.jpg

オープンキッチンからはコーヒーだけではなく、サンドイッチなどの軽食や、ランチタイムにはお腹を満足させるご飯ものも。
pina001.jpg


コーヒー豆はこだわりのオーガニック栽培。豆の販売もしております。
pina003.jpg



近くには緑豊かな都会のオアシス、北海道知事公館や北海道近代美術館があります。
お散歩や芸術鑑賞でちょっと疲れた足を止めて、Cafe Pinaの柔らかな空間と美味しいコーヒーで癒されてみませんか?
もちろん仕事の合間やランチタイムにも。なんだったら仕事サボってでも。
pina005.jpg


店舗情報
【Cafe Pina】カフェ ピナ
札幌市中央区大通西17丁目2-22 平木ビル1F
011-590-1766
営業時間 10:00~18:00
駐車場 店舗前1台可
定休日 なし
全席禁煙

大会後記24

シラカンバが収まったら今度はイネ科。
アタシの鼻はもう限界。
仕事帰り、鼻水垂れないように斜め45°上見ながら歩いていたらN村さんにばったり。
どこ見てんだコイツっていう目線だった。
その少し前、同じような姿をH野さんにも見られてる。

完全にアホの子レッテルありがとうございます。

アホの子のっぽです。


DSC05869420.jpg
DSC05870420.jpg
DSC05874420.jpg

第24回もまずまずの盛況に終わりました。
ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

「楽しかった」
とか
「また来ます」
とか
「唯一嫁の許可をもらえる大会です」
とか
いつもそんな感想を頂けましてとても励みになります。


さて今回大会。
決勝トーナメントに残った選手の半分以上がアンダーB。
大健闘でした。

この方
DSC05877420.jpg
決勝トーナメントまで残られたCクラス。
球回りなどもありますが、要所要所で外さなかったというのがここまで残れた証拠。
もちろんベストC受賞。おめでとうございます。


ベストL
DSC05878420.jpg
アタシと一緒でB1昇格を渇望する一人。
あと一歩の壁、高いですよね。わかります。


3位タイ
DSC05883420.jpg
すごく納得させられる球を撞く方。
説得力?のある取り方。見ながらうなづいてしまう。

DSC05882420.jpg
お久しぶりのTeam ZIONから。
すんげぇ上手い。球が言う事聞いてる感じ。
ショットの瞬間のピリピリ感がカッコいい。


準優勝
DSC05886420.jpg
うちのたてさんに
「なんだアイツ上手ぇな」
と言わせた実力。
確かに。
ポジションのイメージみたいなものが凄い正確に浮かんでいて、高精度で実現できるんだろうなという感じ。


優勝
DSC05887420.jpg
なんかバンバン球入れるし、ポジションミスかな?とか観てて思っても関係なくぶち込んで妙なキレでリカバリーするし。
いわゆるファンタジスタというのはこれか、という感じ。


優勝の瞬間駆け寄る嫁、逃げる夫、ブレるカメラ。
DSC05884420.jpg

そして斜め抱擁。
DSC05885420.jpg
「う゛れ゛じい゛よ゛う゛~」
喜びを分かち合える幸せ。
つま先の力の入り方に注目。

そういえば夫婦でOTK制覇。
この先そんな記録出るのだろうか。

☆プロフィール☆

Billiard Circle 大人会

大人会

Author:大人会
大人会公式日記へようこそ。
ここはビリヤードサークル大人会の会長のっぽが、活動や雑感、日々のあれこれを発信する場です。

☆最新記事..._φ(゚ロ゚ )☆
☆最新つっこみ\(゚ロ゚ )☆
☆記事カテゴリ☆
☆大人会窓口メールフォーム☆

大人会にご用の方はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

☆カレンダー☆
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
☆月別アーカイブ☆
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
☆見た人の数☆
☆大人会のつぶやき☆
☆リンクいただきました☆
相互リンク希望。仲良くしましょう。メールフォームよりご一報を。
バナー

大人っぽいバナーです


バナー

北海道限定Newたまビリ
北海道の試合情報はここで


バナー

プールサロン ヴイナス
矢後Pのお店 ウィークリー熱し

ブログは こちらから


バナー

ヘキサポット
北大系ビリヤードサークル


バナー

Team ZION
室蘭を拠点に活動するビリヤードサークル


バナー

Flukers
岩見沢を拠点に活動するビリヤードサークル


バナー

K'sリンク
札幌でビリヤード用品を買うならココ


ビリヤード・ウォーカー ビリヲカ

ビリヤードウォーカー
ビリヤード総合情報サイト


バナー

ワッペン屋
ワッペンを制作して貰いました

完成サンプルです

バナー

内垣健一オフィシャルサイト
内垣健一プロのサイト
お世話になっております


バナー

ビリラボ
メンバー誠のサイト
誠考案の初心者へのヒント満載


☆RSSリンク☆
メンバー記事管理